2015年11月16日月曜日

オビツボディ11の首周りを強化する

オビツボディ11にも個体差があり、首が緩いために回転してしまうものがあります。
それを防ぐため、首部分を補強する方法です。
※オビツボディの改造は自己責任でお願いします。

使う道具

2液混合タイプのエポキシ接着剤、彫刻刀(平刀)
共に100均ショップで売ってます。


オビツボディ11です。

オビツボディ11の肩のボールジョイントの軸先は少し広がっています。
そのため、腕をそのまま引っ張っても抜けにくくなっています。

ボティの分解方法

まず、首の横の隙間に平刀を差し込みます。ネジ回しのように回しながら、少しずつ隙間を広げていきます。ボディを傷つけたり、怪我する可能性があるので、あまり力を入れずにゆっくり少しずつ広げていきましょう。

両腕が外れたら、さらに首の横や脇腹に平刀を入れながら広げてゆき、胸パーツを外して行きます。

完全に外すとこんな感じになります。左が胸側、右が背中側です。

胸側の首、下の写真の赤い部分に2液混合したエポキシ接着剤を塗ります。首ボールジョイントの軸を両側から挟み込むようにするイメージです。

接着剤が固まったら組み立てて完成です。
首ボールジョイントだけを一旦嵌めてみて、まだ緩い場合は接着剤をもう一回上塗りします。逆に接着剤をつけすぎて首ボールジョイントが入らない場合はヤスリで削ってください。
「硬化10分」と書いてありますが、完全に硬化するまで1日くらい置いた方が良いと思います。今日塗って明日組み立てる位の感じでやると良いと思います。

(参考) 接着剤の塗り方

A液とB液を十分によく混ぜ、爪楊枝の先に付けます。そのまま爪楊枝の先で線を引くようにして付けていきます。



おまけ

首の押さえパーツにネジが噛んでしまい、ネジがきっちり締まらないことがあります。押さえパーツの穴を広げてネジの通りを良くすると解消されます。直径2.1〜2.2mmくらいのドリルを使用します。(あるいは棒ヤスリで穴を広げてもOKです。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。